ここから本文です。

療育手帳

2023年12月22日更新

概要

この手帳は、知的に障がいのある人本人または保護者の申請により、静岡県知事が交付するものです。児童相談所又は知的障害者更生相談所(東部健康福祉センター)において、標準化された知能検査や面談により、日常生活における基本動作・介護状態等を勘案して、障がいの程度を判定します。
なお、療育手帳が交付された場合、様々なサービス等を受けられる可能性があります。詳細は下記のしおりをご確認ください。

判定基準

障がいの程度と判定基準は、原則として下表のとおりですが、社会生活能力・介護度等を考慮して総合的に判断しています。
(静岡県療育手帳判定要領より抜粋)

障がいの程度と判定基準詳細
区分 障がいの程度 判断基準
A A1(最重度) おおむねIQ20以下
A A2(重度) おおむねIQ21以上35以下
A A3(重度) おおむねIQ36以上50以下で重複障がいを有する者
※重複障がいとは、身体障害者手帳3級相当以上の障がいを有している場合をいう。
B B1(中度) おおむねIQ36以上50以下
B B2(軽度) おおむねIQ51以上70以下
ただし、著しい知的バランスの崩れ、社会生活能力の遅れ等により、社会適応が困難であり、手帳に該当させることが適当と認められる場合に限り、知的能力の上限をIQ79とする。
B B3(発達障がい) IQ80以上89以下で、発達障がいの診断を受けた者
  • ※療育手帳に記載される障がいの程度は「A」もしくは「B」までです。A1~B3までの詳細な判定については、知能検査結果と上記の表を照らし合わせて判断してください。

申請方法

申請の内容によって必要な書類等が異なります。詳細は各項目の注意事項をご確認ください。

新たに手帳の交付を希望する方

交付申請書

調査票(新規用)

手帳に記載の再判定年月が到来する方

再判定申請書

調査票(再判定用)

県外又は県内政令市(静岡市・浜松市)から転入された方

転入届

転入申出書

県外又は県内政令市(静岡市・浜松市)へ転出する方

転出届

氏名、住所(市内転居又は県内(静岡市・浜松市除く)からの転入)、保護者を変更した方

変更届

手帳を返還する方(手帳所持者の死亡、不要のため返還したい等)

資格喪失届

手帳の再交付を希望する方(紛失・破損等)

再交付申請書

新規、再判定、再交付申請を取り下げたい方

申請取下書

手帳交付時の知能検査結果の提供を希望する方

【18歳未満】依頼書(特別児童扶養手当用)

【18歳未満】依頼書(その他)

【18歳以上】依頼書

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Acrobat Reader

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部障がい福祉課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4829
ファクス:055-934-2631
メールアドレス:syouhuku@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る