ここから本文です。

納税相談

2021年4月1日更新

新型コロナウイルスの影響による徴収猶予の「特例制度」(受付は終了しました)

徴収猶予の「特例制度」については、受付は終了しました。猶予期間に完納することが困難な方はご相談ください。
新型コロナウイルスの影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、申請により最大1年間、無担保及び延滞金無しで市税の徴収猶予を受けることができます。

対象となる方

新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少している方で、一時に納付し、又は納入を行うことが困難な方

対象となる地方税

令和2年2月1日から令和3年2月1日(※)までに納期限が到来する、個人市民税、法人市民税、固定資産税などの市税
※「地方税法施行令の一部を改正する政令」(令和2年9月4日公布・同日施行)により、令和3年2月1日に改められました。

申請手続等

  • 関係法令の施行から2か月後(令和2年6月30日)、又は、納期限のいずれか遅い日までに申請が必要です。
  • 申請書のほか、収入や現預金の状況が分かる資料の提出が必要ですが、提出が難しい場合は納税管理課へご相談ください。
  • 申請は、納税管理課窓口、郵送のほか、eLTAX(エルタックス)による電子申請も可能です。
    ※電子申請については、eLTAX(エルタックス)のホームページをご覧ください。

申請書

市税の猶予申請について

徴収の猶予

次の理由によって市税を納期限までに納付することができないときは、申請により原則一年以内の期間に限り(最長二年まで延長可)、徴収の猶予が認められる場合があります。

  • 財産について災害を受け、又は盗難にあった場合。
  • 納税者又はその生計を一にする親族などが病気にかかり又は負傷した場合。
  • 事業を廃止し、又は休止した場合。
  • 事業について著しい損害を受けた場合。
  • 上記の事実に類する事実があった場合。
  • 法定納期限から一年以上経過した後に、修正申告などにより納付すべき税額が確定した場合。

換価の猶予

財産の換価をただちにすることにより、事業の継続又は生活の維持を困難にするおそれがある場合など一定の要件に該当するときは、その市税の納期限から6か月以内に申請することにより、原則一年以内の期間に限り(最長二年まで延長可)、換価の猶予が認められる場合があります。
なお、申請する市税以外に、既に滞納となっている税がある場合には、原則として申請による換価の猶予は認められません。

※申請については、納税管理課へご相談ください。

相談について

市税を納期限までに納付できない事情のある方は、早めに納税管理課へご相談ください。
督促状や催告書を、放置したり、無視したりしては問題の解決にはなりません。
平日の8時30分~17時15分の間に、来庁でも電話でも結構ですので、ぜひ一度ご相談ください。

また、下記の日程で、夜間納付窓口を開設しております。
場所:市役所2階納税管理課
時間:(夜間窓口)~19時まで

納税相談(夜間窓口)開設日
年月 開設日
2021年4月 9日・20日
2021年5月 6日・17日
2021年6月 4日・21日
2021年7月 6日・21日
2021年8月 12日・27日
2021年9月 13日・22日
2021年10月 12日・21日
2021年11月 5日・22日
2021年12月 7日・22日
2022年1月 6日・20日
2022年2月 7日・18日
2022年3月 1日・23日

このページに関するお問い合わせ先

財務部納税管理課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4731~4733
ファクス:055-931-7171
メールアドレス:nouzei@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る