ここから本文です。

土砂等による土地の埋立て等の許可・指導について

2022年7月1日更新

土地の埋立てや、土地の掘削を無秩序に行ってしまうと、埋め立てた土砂が流出することや、土地の掘削によって周辺の土地が崩落するなど、大きな災害を引き起こす場合があります。また、土砂の埋め立て等により、周辺の河川や森林などの自然環境や周辺の農地等の農業環境にも影響を及ぼす場合や、土砂を運搬する車両の通行により、近隣住民の住環境にも影響を与える場合があります。
このような自然環境の悪化や、土砂崩れなどの災害を防止するため、静岡県では「静岡県盛土等の規制に関する条例」「静岡県土採取等規制条例」、沼津市では「沼津市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例」を制定し、無秩序な土地の埋立てや掘削が行われないよう、許可制度を設け、是正指導などを行っています。

沼津市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例について

規制の対象となる行為とは?

沼津市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例で規制の対象となる行為は、市街化調整区域内で行われる土砂等による土地の埋立て、盛土のうち次のものです。疑問がある際は事前にご相談ください。

  • ※静岡県盛土等の規制に関する条例の規定による許可等に基づき行う事業は、市条例の適用除外となります。
  • 事業区域の面積が500平方メートル以上1,000平方メートル未満かつ盛土の高さが1メートル以上のもの
  • 土砂等の量が500立方メートル以上1,000立方メートル未満のもの
  • 一団と認められる区域で行われた事業が継続中、又は、3年以上経っておらず、事業の面積や土量の合計が上記に該当するもの
  • ※地目又は現況が農地の場合は、次のいずれかに該当するものでなければなりません。
  • 事前に農地改良の届出・受理がされたもの
  • 農地転用の許可を受けたもの又は許可を受けることが確実なもの

沼津市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例に基づく、埋立て等の事業の許可手続きについて

土砂等による土地の埋立て等の事業を行う前に申請書を提出し、許可を受ける必要があります。申請書の提出の際に必要となる書類は次のとおりです。なお、申請から許可まで概ね30日程度かかるため事業着手まで余裕をもった申請をお願いします。

  • 土砂等による土地の埋立て等事業許可申請書(第1号様式)
  • 事業計画書(第2号様式)
  • 位置図及び事業区域図(縮尺1/2,500~1/25,000)
  • 土地の登記事項証明書
  • 公図の写し
  • 事業施行仮契約書の写し
  • 事業主及び事業施工者の身分を証明できるもの並びに印鑑登録証明書
    (法人にあっては、当該法の経歴書、定款、登記事項証明書、営業報告書その他信頼度と実績を証明できるもの)
  • 隣接地関係者等の同意書
  • 土砂等の搬出入経路図(縮尺1/2,500~1/25,000)
  • 現況平面図及び縦横断図並びに排水平面図及び縦横断図(縮尺1/50~1/500)
  • 計画平面図及び縦横断図並びに排水平面図及び縦横断図(縮尺1/50~1/500)
  • 搬入土砂等調書
  • 搬入土砂等の土質検査報告書
  • 事業区域の現況写真
  • 農地法第4条第1項及び第5条第1項の許可書又は受付証明書の写し
  • 工程表
  • 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類及び図面
  • ※提出部数は2部(正本1部、副本1部)提出してください。

静岡県盛土等の規制に関する条例(令和4年7月1日施行)

令和3年7月に発生した熱海市伊豆山土石流災害を受けて、令和4年7月1日から静岡県盛土等の規制に関する条例が施行されます。これにより一定規模以上の盛土等を行う場合には、県の許可が必要となります。詳細は、静岡県盛土対策課にご確認ください。

概要

  • 盛土等を行う土地の区域が面積1,000平方メートル以上又は土量が1,000立方メートル以上が対象です。
  • 水質調査・土壌調査の規定が設けられています。
  • 違反者には最大で2年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。

静岡県土採取等規制条例

静岡県土採取等規制条例で規制の対象となる行為は「切土、床堀その他の土地の掘削を行う行為」となっており、この行為により土を採取し他へ搬出する場合のほか、土地の形状を変更する行為をすべて含みます。(これらの行為を総称して「土の採取等」といいます。)詳細は、静岡県土地対策課にご確認ください。

概要

  • 土の採取等を行う場所の地区の面積が1,000平方メートル以上又は土の採取等に係る土の数量が2,000立方メートル以上である土の採取等が対象です。
  • 当該土の採取等に着手する30日前までに届出が必要です。

ご注意ください

盛土等を行う事業者から「土地や田畑を整地する」などの話を持ちかけられ、土地の利用について承諾や同意をしたことで、次のようなトラブルが発生しています。

  • 「少量しか土砂を入れない」と言っていたのに、予定以上に盛られてしまった。
  • 盛土が危険な状態になっても、土砂の搬入を止めてくれない。
  • 盛られてしまった土砂を撤去するのに、お金を取られた。 など

違反盛土の原因や土砂災害発生などのトラブルに巻き込まれないようにするため、事業者に対して安易に土地の利用について承諾や同意をしないように注意してください。

県と連携した「盛り土110番」について

盛り土110番専用ダイヤル

静岡県盛土対策課への「盛り土」に関する問い合わせの専用ダイヤルです。
「盛り土」専用ダイヤル:054-252-9000(直通)

窓口一覧

身近にある「盛り土」についてのお問い合わせは、盛土の施工箇所を所管する県土木事務所又は市まちづくり指導課にご連絡ください。なお、盛土の造成行為に関する許認可等は、各種法令によって、また開発面積等によって、県所管と市所管に分かれています。県又は市、あるいはどこの課が所管しているかを確認するまで、時間がかかる場合がありますのでご了承ください。

盛り土造成行為に係る法令窓口一覧

身近にある盛り土には、どのような法令に基づき造成が行われているかを示す標識等が設置されています。適用される法令、窓口がお分かりであれば、より迅速に対応ができますので、そちらに直接お問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Acrobat Reader

このページに関するお問い合わせ先

都市計画部まちづくり指導課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4766
ファクス:055-933-1412
メールアドレス:mati-sido@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る