ここから本文です。

みんなで広げよう、シトラスリボンプロジェクト

2021年8月6日更新

「シトラスリボンプロジェクト」とは、コロナ禍の中で生まれた差別や偏見をなくし、誰もが笑顔で暮らせるまちづくりを目指す取り組みで、愛媛県の有志グループ「ちょびっと19+」が進めるプロジェクトです。リボンの3つの輪は「地域」「家庭」「職場(学校)」を表しており、アフターコロナも見据え、暮らしやすい社会の実現を目指しています。

沼津市は「シトラスリボンプロジェクト」に賛同しています

コロナ禍で生まれた感染者やその家族、医療従事者などへの差別や偏見をなくし、すべての人が思いやりや感謝の心をもって支えあい、安心して暮らせるまちになるようシトラスリボンプロジェクトに賛同し、活動を推進します。

シトラスリボンプロジェクトのイメージ画像

「シトラスリボンプロジェクト公式ホームページ」には具体的な活動のほか、シトラスリボンの作り方を紹介する動画も掲載されています。

市内の団体などの活動紹介

シトラスリボンプロジェクトに賛同する市内の団体などの活動状況を掲載していく予定です。
市内でシトラスリボンプロジェクトに賛同し、活動している団体などがありましたらご紹介いたしますので、お知らせください。

ネッツトヨタ静岡株式会社

  • ショールーム内にシトラスリボンプロジェクトのポスターを掲示して、活動の輪を広げております。
  • 市内3店舗(沼津店・黄瀬川店・U-Town沼津)では、社員が手作りした「シトラスリボンストラップ」を、ご希望の方へ差し上げております。(数に限りがございます。)
  • ネッツトヨタ静岡株式会社のショールーム内にシトラスリボンプロジェクトのポスターを掲示している様子
  • ネッツトヨタ静岡株式会社でシトラスリボンプロジェクトの説明をしている様子

金岡中学校

  • 全校生徒でシトラスリボンをつくり、カバン等につけました。
  • リボンにかける思いをプリントにまとめ、全校生徒や地域に配布し、取り組みを広めました。
  • 金岡小、沢田小にもその活動を広め、ユアステップリハケアセンターにリボンを届けました。
  • 金岡中学校の生徒がシトラスリボンの説明をしている様子
  • 金岡中学校の生徒が高齢者のみなさんにシトラスリボンの説明をしている様子

金岡小学校

  • 昨年度、金岡中生徒会からシトラスリボンプロジェクトについて教えていただきました。
  • 金岡小でもクラス掲示を作成したり、放送で宣伝したりしてプロジェクトを広めました。
  • また、本年度は児童会でシトラスリボンを実際に作成し、三校で社会福祉施設に届け、その活動を代表委員会で紹介しました。
  • 金岡小学校でシトラスリボンの説明をしている様子
  • 金岡小学校の生徒がシトラスリボンを作成している様子

沢田小学校

  • 金岡中生徒会のリードで、金岡中学校区3校(金岡中、金岡小、沢田小)はシトラスリボンプロジェクトに取り組むことになりました。
  • 昨年度末に金岡中生徒会役員が来校し、児童会にプロジェクトの意味やリボンの作り方を教えてくれました。
  • その後児童会が中心となって、全校児童分のリボンを作成・配付し、今年度は保健委員会が引き継いで、自分たちでプロジェクトのことを調べてポスターを作ったり、まだ持っていない1年生の分を、昼休みなどにボランティアも含め自発的に集まってリボンを作ったりしています。
  • 沢田小学校の生徒がシトラスリボンを作成している様子
  • 田小学校の生徒がシトラスリボンのポスターを作成している様子

2co*~にこ~

  • 地元有志でレザーにシトラスリボンを刺繍したオリジナルのバッチを制作しています。
  • シトラスリボンを刺繍したオリジナルのバッチ飾られている様子
  • シトラスリボンを刺繍したオリジナルのバッチを作成している様子

第四中学校

  • 7月28日、第四中学校生徒代表から第四地区センター事務長へ生徒たちが作成しましたシトラスリボンを寄贈しました。
  • 第四地区センター入口エレベーターホール前に地区センター利用者に持って帰ってもらえるようにリボンを入れた箱が設置されました。
  • 第四中学校生徒代表から第四地区センター事務長へ生徒たちが作成しましたシトラスリボンを寄贈する様子
  • リボンを入れた箱が設置されている様子

愛鷹中学校

  • 愛鷹中学校からシトラスリボンプロジェクトを発信し、地域ぐるみで活動を進めています。
  • 愛鷹地区センターの入り口に、「シトラスリボンのコーナー」をつくっていただきました。
  • あしたかホーム様に、愛鷹中生が作成したリボンを届けました。
  • 愛鷹地区センターの入り口にあるシトラスリボンのコーナー
  • あしたかホームに、愛鷹中生が作成したリボンを渡している様子

このページに関するお問い合わせ先

企画部生活安心課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4841
ファクス:055-934-2593
メールアドレス:soudan@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る