ホーム > 市政情報 > 高尾山古墳保存と道路整備について

2017年5月2日更新

高尾山古墳保存と道路整備について

高尾山古墳の保存と都市計画道路沼津南一色線の整備の両立を図るため、実現可能性のある選択肢を関係機関等で検討し、市が事業方針を決定するために必要な条件整理等を行っています。

都市計画道路(沼津南一色線)整備について

 沼津南一色線は、沼津市添地町を基点とし、長泉町南一色を終点とする延長L=7,940mの都市計画道路です。沼津市は、国道1号江原公園交差点から国道246号沼津IC南交差点までの延長L=1,794mの区間を街路事業(L=656m)と区画整理事業(L=1,138m)で分担して整備を行っています。
この内、国道246号沼津IC南交差点から(都市計画道路)三枚橋岡宮線までの区間は整備をしており、暫定2車線で供用しているところです。

高尾山古墳保存について

 高尾山古墳の保存については、現地保存を模索しているところですが、事業方針が決定するまでの間、古墳自体の表面劣化等を防ぐための保護措置および環境整備を図っていきます。

高尾山古墳保存と都市計画道路(沼津南一色線)整備の両立に関する協議会について

 沼津市では、高尾山古墳の保存と都市計画道路(沼津南一色線)の整備の両立を図るための協議会を設置し、協議を行いました。

このページに関するお問い合わせ先

都市計画部まちづくり政策課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4760
FAX:055-933-1412
E-mail:mati-seisaku@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る