ホーム > 市政情報 > 沼津の統計 > 主要な統計調査の説明

2016年5月2日更新

主要な統計調査の説明



統計調査名 概要 調査周期 次回
調査年
備考


国勢調査 国内の人口・世帯の実態を把握する、最も基本的な統計調査。 5年ごと 平成32年  
経済センサス-基礎調査 国内の事業所・企業の基本的構造を明らかにするとともに、事業所・企業を対象とする各種統計調査の実施のための母集団情報を整備する。 5年ごと 平成31年

 

経済センサス-活動調査 国内の事業所・企業の経済活動の実態を明らかにするとともに、事業所・企業を対象とする各種統計調査の実施のための母集団情報を整備する。 5年ごと 平成28年

経済産業省も所管

住宅・土地統計調査 住宅及び人が居住する建物に関する実態並びに現住居以外の住宅及び土地の保有状況その他の住宅等に居住している世帯に関する実態を全国及び地域別に明らかにする。 5年ごと 平成30年  
就業構造基本調査 就業・不就業の状態を調査し、全国及び地域別の就業構造や就業異動の実態、就業に関する希望などについての基礎資料を得ることを目的としている。 5年ごと 平成29年  
全国消費実態調査 全国及び地域別の世帯の消費・所得・資産に係る水準、構造、分布などを明らかにする。 5年ごと 平成31年  




学校基本調査 学校教育行政に必要な学校に関する基本的事項を明らかにする。 毎年 平成28年  




農林業センサス 農林行政に必要な農業及び林業に関する基礎資料を整備する。 5年ごと 平成31年  
漁業センサス 漁業の生産構造、就業構造及び漁業生産の現状とその動向を明らかにすることにより、水産施策の推進に必要な基礎資料を整備する。 5年ごと 平成30年  




工業統計調査 工業の実態を明らかにし、工業に関する施策の基礎資料を得る。 毎年 平成29年 平成28年は休止
商業統計調査 商業の実態を明らかにし、商業に関する施策の基礎資料を得る。 5年ごと 平成31年
(予定)
 

このページに関するお問い合わせ先

企画部情報システム課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4817
FAX:055-935-0417
E-mail:infosys@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る