ここから本文です。

情報公開制度についての相談と開示請求の受付

2018年6月11日更新

情報公開制度の概要、利用方法について

 沼津市では、より開かれた市政をめざして、情報公開制度を実施しています。
 この制度は、市の仕事やしくみを知っていただくため、広報や刊行物による情報提供に加え、市民の皆さんの求めに応じて市の持っている公文書を開示する制度です。

請求できる人

 沼津市民に限らず、どなたでも請求できます。

請求できる公文書

 平成13年4月1日以降に、市が作成又は取得した文書等です。ただし、これ以前の文書等についても開示するよう努めています。

開示請求の手続き

審査請求及び答申

 請求のあった公文書は開示することが原則ですが、個人に関する情報など開示されない情報もあります。
 開示しないという市の決定について不服のある方は、審査請求ができます。 審査請求に対しては、有識者からなる「沼津市情報公開審査会」が公平な審査を行い、市はその答申を受け再度開示するかどうか裁決することになります。

沼津市情報公開審査会答申(PDF)

答申年月日 答申の内容
H14.9.5
H16.1.28
H16.7.27
H17.2.15
H17.2.18
H17.7.1
H17.9.29
H20.12.24
H21.9.17
H23.1.14
H28.4.21
H28.10.20
H29.12.22

費用

情報(公文書)の閲覧は無料ですが、公文書のコピーなど写しを希望される場合は実費(白黒コピー1枚10円など)が必要です。

平成29年度の利用状況

公文書の開示請求 任意的開示の申出
請求件数 699件 申出件数 116件
請求に対する決定内容 開示 570件 申出に対する回答内容 開示 84件
部分開示 120件 部分開示 32件
不開示(不存在) 6件 不開示
(不存在)
0件
その他 3件 その他 0件
審査請求 1件  
  • ※任意的開示の申出:平成13年3月31日以前の公文書の開示の申出のことです。
  • ※不開示(不存在)は、文書が存在しないため不開示となったものを含みます。
  • ※その他は、請求取り下げです。
  • ※主な請求内容:金入り設計書、建築計画概要書等です。

 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Acrobat Reader

このページに関するお問い合わせ先

財務部総務課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4712
ファクス:055-931-8892
メールアドレス:sou-gyousei@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る