ホーム > 市政情報 > 課ごとの業務一覧 > 市民福祉部こども家庭課

2017年10月2日更新

市民福祉部こども家庭課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
各種手当等 TEL:055-934-4827
家庭児童相談室 TEL:055-934-4828
FAX:055-934-0345
E-mail:kodomokatei@city.numazu.lg.jp

概要

「誰もが安心して子どもを産み育てることができるまち・沼津」の創造を目標に子育て世代の家庭支援策を展開しています。

主な仕事内容

  • 児童家庭相談
    子どもの成長、養育、家族関係に関することなど、様々な子どもの問題について、専門の相談員が相談に応じています。
  • 発達相談
    児童の発達や障害に係る相談を行なっています。
    市内には児童発達支援センター「児童発達支援センターみゆき」、障害児入所施設「あしたか学園」があります。
  • 母子福祉
    母子生活支援施設、助産施設への入・退所に関する相談を行っています。市内には、市立病院内に助産施設があります。
  • ひとり親支援
    ひとり親への支援として、下記に記載の児童扶養手当、母子家庭等医療費助成、ひとり親家庭等就学支援助成、母子家庭等自立支援教育訓練給付金等を支給しています。
    また、静岡県母子父子寡婦福祉資金貸付制度の利用にあたり、申請書配布等の窓口となっています。
  • ひとり親家庭相談
    ひとり親家庭専用相談窓口を設置し、各種相談を行っています。
  • 助成・手当等
    • こども医療費助成
      高校3年生相当年齢までのこどもを養育する保護者及び本人の経済的負担の軽減を図るための医療費の助成をします。
      入院・通院とも0歳〜18歳(高校3年生相当年齢)まで無料
      入院時食事療養費標準負担額も助成対象
    • 児童手当
      中学校修了前(15歳到達後最初の年度末まで)の子どもを養育している人に、対象児童の数や所得額に応じ月額5,000円、10,000円、15,000円の手当を支給しています。
    • 児童扶養手当
      ひとり親家庭等で児童を扶養していて、本人及び同居の扶養義務者等の所得額が国の基準にあてはまる人に対して、児童が18歳に達する年度末(障害児は20歳未満)まで、月額第一子は所得額に応じて42,290円から9,980円まで10円単位の額、第二子最大9,990円、第三子以降最大5,990円(第一子と同様に、所得額に応じて額が変わります)の手当を支給しています。
    • 母子家庭等医療費助成
      父親または母親のいない家庭で、20歳未満の児童を養育しているとき、20歳を迎える前日の属する月まで、医療費の保険診療の自己負担分を助成しています。ただし、所得税非課税世帯に限られます。
      平成24年度以降は、税制改正に伴い受けられなくなった扶養控除について、一部うけられたものとみなして所得審査を行います。
      ●支払日
      申請書の提出はなくなり、原則として診療月の翌々月の月末支払いになります。
      (こども医療の一部負担金、県外受診等につきましては、申請書の提出が必要です。)
    • ひとり親家庭等就学支援助成
    • 母子家庭等自立支援教育訓練給付金事業
      沼津市に住所がある20歳未満の児童を養育し、児童扶養手当の支給を受けているか又は、同等の所得水準にある母子家庭の母、父子家庭の父が、資格取得のために受講する講座や訓練の費用等の一部を支給します。
      ●自立支援教育訓練給付金
      ●高等職業訓練促進給付金
      ※どちらの給付金も事前相談が必要です。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部こども家庭課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4827
FAX:055-934-0345
E-mail:kodomokatei@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る