ホーム > 市政情報 > 課ごとの業務一覧 > 生活環境部ごみ対策推進課

2014年4月1日更新

生活環境部ごみ対策推進課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4743
FAX:055-934-3045
E-mail:gomitai@city.numazu.lg.jp

施設整備推進室
〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4889
FAX:055-934-3045
E-mail:gomisisetu@city.numazu.lg.jp

概要

「協働でつくる、ごみのない豊かな暮らし」の理念のもとに、ごみの減量や資源化を推進し、安全で快適な低炭素で循環型の社会の形成を推進することを目指しています。

主な仕事内容

  • ごみの発生・排出抑制活動
    自治会説明会、広報ぬまづ、ごみ速報板や各種チラシ等を活用した情報提供、フリーマーケットやぬまづ環境市民大学ごみ講座の開催。「すまいるしょっぷ」の認定や多量排出事業所に対する減量・資源化指導により市民と事業者から排出されるごみの発生を抑制する。
    フリーマーケットの開催 家庭内で不用になった物を持ち寄り、必要としている多くの人が活用できるような機会と場所を提供することで、新たに物の価値を見つめ、物を大切にする心を育むことを目的として開催します。
    ぬまづ環境市民大学ごみ講座の開催 定員:30名程度
    内容:ごみに関する総合的な講義と施設見学
    実施時期:10月〜11月
    「すまいるしょっぷ」の認定(ごみ減量・資源化推進協力店)

    ごみの減量や資源化に対する独自の取り組みをしている店舗について「すまいるしょっぷ」として認定します。
    「すまいるしょっぷ」の一覧はこちら

    多量排出事業所の指導 対象事業所:一般廃棄物排出量月1t超
    ・減量化等計画書の提出義務付け
    ごみ集積施設整備の支援 ごみ集積場所の整備を行う自治会に対し補助制度があります。
    補助額:対象経費の1/2以内
    上限:10万円(設置)5万円(修繕)
  • 事業系指定袋の交付
    少量排出事業者(ごみの排出量が月平均排出量100kg以下の事業所)がごみを集積場所へ出すときに使う事業者専用の指定袋を交付する。
    20リットルは1枚45円、45リットルは1枚100円(各10枚1セット)
  • 事業者回収の普及活動
    現行の資源ごみの分別を維持していく中で、廃タイヤ、廃家電製品(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)、パソコン、二次電池(ニカド、ニッケル水素など)については、製造事業者等が行なう再生利用を目的とする適正な処理を促進するため、処理方法について排出者に対しての周知活動を行なう。
  • 事業系廃棄物の適正処理の指導

    事業者から排出される一般廃棄物の、減量、資源化及び適正処理を指導、推進する。また産業廃棄物についても、県をはじめ関係機関が行う指導や施策に協力する。

  • し尿等の一般廃棄物処理業者への指導
    下水道整備等によって減少するし尿(浄化槽汚泥を含む)処理の適正を図るため、下水道整備の今後の進捗を考慮して、一般廃棄物処理業者に対する合理化策について協議・指導を行なう。
  • 一般廃棄物処理施設の検討
    市民・事業者の協力のもとに、ごみの発生・排出抑制を図りながら、その上で排出されるごみは、極力資源化・再利用して、埋め立て処分にたよらない資源循環型社会の構築を目指しています。 現在の清掃プラントが、予想される東海地震に対して耐震性に劣ると判断されたことから、安全で安心、低炭素で環境にやさしい新たな施設の建設について検討しています。
  • 沼津市まちをきれいにする条例の施行
    市民からのごみのポイ捨てや飼い犬のふん放置の防止に関する提言を受けて、平成8年4月1日から施行されました。 条例では、ごみのポイ捨て、ふんの処理用具の不携行、飼い犬のふんの放置を禁止行為とすると共に、各地域では、環境美化指導員の皆さんが日々指導や啓発を行い、環境美化の推進役として活躍しています。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

生活環境部ごみ対策推進課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4743
FAX:055-934-3045
E-mail:gomitai@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る