ここから本文です。

J3アスルクラロ沼津 ホームタウン支援活動の紹介

2018年5月24日更新

ホームスタジアムの検討経緯 ~静岡県東部地域サッカースタジアム構想連絡会~

本市では、アスルクラロ沼津の活動を県外からのサポーターなど多くの誘客が期待できる重要な観光産業コンテンツとしてとらえるとともに、クラブの上位カテゴリーへの昇格に伴うさらなるにぎわいの創出や地域経済への波及などに期待し、ホームタウンとしてクラブへの支援を行ってきました。

しかし、上位カテゴリー昇格には、リーグ戦順位の他、クラブ自身の基盤強化やJリーグの基準を満たしたホームスタジアムが必要となります。

このようなことから、本市では、クラブからの要望に基づき、将来のホームスタジアムについてクラブをはじめ関係機関と協議を重ねた結果、本市、アスルクラロ沼津及び静岡県サッカー協会東部支部の三者連名により「静岡県東部地域サッカースタジアム構想連絡会」設立の発起を行い、地域の関係機関の参画を得て平成30年2月2日同会が発足、同日第1回会合が開催されました。

本会は、将来の静岡県東部地域におけるにぎわいの拠点となるサッカースタジアム整備の道筋を得るべく、本地域での議論の受け皿となり、地域に望まれるスタジアムの構想を検討・作成することを目的としています。(事務局:アスルクラロスルガ(株)・沼津市合同)

連絡会は、これまで2回の会合を開催し、今年度、新スタジアムの構想を取りまとめる予定です。

愛鷹広域公園多目的競技場と新スタジアム構想の関係~なぜ新スタジアムの構想を検討するのか~

現在アスルクラロ沼津は、県営愛鷹広域公園多目的競技場をホームスタジアムとしていますが、J2でもホームスタジアムとして使用するには、J2の基準を満たすための複数の大掛かりな改修が必要であること、加えて、J1基準を満たす新たなホームスタジアムの建設構想が前提となっていることがこれまでに判明しています。

詳細については、第2回連絡会の中で話し合われていますので、会議資料等をご覧ください。

静岡県東部地域サッカースタジアム構想連絡会の開催結果

第1回会議

第2回会議

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Acrobat Reader

このページに関するお問い合わせ先

産業振興部スポーツ交流推進室

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4843
ファクス:055-933-1412
メールアドレス:sportskoryu@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る