ホーム > 市政情報 > 課ごとの業務一覧 > 企画部政策企画課

2016年6月14日更新

企画部政策企画課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4704
FAX:055-934-5011
E-mail:kikaku@city.numazu.lg.jp

概要

沼津市は、「人と環境を大切にする県東部広域拠点都市」を将来像と掲げた、第4次沼津市総合計画に基づいて、諸施策の展開を図り、新たなまちづくりを進めています。
政策企画課では、本計画の円滑な推進を図るとともに、社会環境や市民ニーズの変化に的確に対応するため行政評価システムの導入を進め、推進計画(2016〜2020)に掲げる事業の目的・効果を検証しながら効果的な事務事業の推進に努めています。
また、地方分権が進む中、近隣市町村との連携・協調を図り、静岡県東部の一体的な発展に向けた広域行政の推進、市民ニーズや社会情勢の変化に対応する行政組織の整備に関する検討、その他市勢振興に関する調査研究などを進めています。

主な仕事内容

1.総合計画の推進

第4次沼津市総合計画(2011〜2020)に基づく諸施策の着実な展開を図るため、プロセスマネジメントによる事業の進行管理を行うとともに、より効果的な施策の推進を目指して行政評価システムの導入を進めています。
(1) 第4次沼津市総合計画(2011〜2020)
(2) 総合計画と行政評価システムの関係



(3) プロセスマネジメント
プロセスマネジメントとは、各事業の目標と達成に向けての手順を明らかにし、その進行状況を検証することにより、事業推進のPDCA(計画→実行→点検→改善)サイクルを徹底し、毎年度の予算の編成や事業の推進に反映していくものです。
第4次沼津市総合計画の推進計画では、基本構想、基本計画の期間のうち後期5か年を目標とした主要事業を掲げており、これらの事業を対象としてプロセスマネジメントによる進行管理を行っています。

2.行政改革の推進

平成23年度から平成27年度までの5か年を計画期間とする「第2次沼津市行政改革プラン」において、「市民と行政の協働の推進」「時代の変化に対応した効率的な行財政運営」「市民の視点に立った行政サービスの提供」という改革を進める基本理念(3本柱)を掲げ、それぞれの柱に沿った取組の基本方針に基づき、行政改革の更なる推進に取り組んでいきます。
(1)行政改革の取り組み(第2次沼津市行政改革プラン)
(2)指定管理者制度

3.広域行政の推進
  • 静岡県東部地方拠点都市地域(4市2町)
    沼津市、三島市、富士市、富士宮市、清水町、長泉町の4市2町で構成し、「職・住・遊・学」の機能が調和した、安全でにぎわいとうるおいの拠点都市地域の形成に向けて、他地域との情報交換をはじめ各種事業の推進を図っています。
  • 御殿場線利活用推進協議会(6市6町)(外部リンク)
    静岡県及び神奈川県の御殿場線沿線12市町で構成し、御殿場線の利活用及び沿線地域の振興・発展を推進するとともに、御殿場線の利便性の向上を図るために、国や県などに対する要望活動や、沿線地域での祭り・イベントの情報や見所の紹介などを行っています。
  • 富士箱根伊豆交流圏市町村ネットワーク会議(38市町村)(外部リンク)
    富士箱根伊豆交流圏の市町村が、連携して交流を進め課題の解決に取組み人が集まり活気あふれる圏域を形成するため、交流・連携事業、調査・研究事業、広報事業などを行っています。
  • 広域行政の取り組み
    広域行政の推進に向け取り組んでいます。
4.市長、副市長に関する秘書事務

5.移住定住の促進

首都圏から人を呼び込み、定住人口の増加を図るため、本市で可能な地方都市暮らし及び田舎暮らしを総称した「ぬまづ暮らし」の魅力を発信し、移住を希望する方々のサポートを行っています。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

企画部政策企画課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4704
FAX:055-934-5011
E-mail:kikaku@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る