ホーム > 市政情報 > 課ごとの業務一覧 > 建設部河川課

2017年4月1日更新

建設部河川課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4785
FAX:055-934-6688
E-mail:kasen@city.numazu.lg.jp

概要

今からおよそ6,000年前には、沼津から狩野川平野にかけて「古狩野湾」と呼ばれる海でしたが、富士山の火山噴出物などにより次第に埋め立てられていきました。また、市西部地区は、富士川などからの流出土砂により形成された海岸砂丘の内側にできた低湿地帯です。このような地形の成り立ちと広大な流域を持つ愛鷹山を背後に抱えていることから、河川の勾配が極めて小さいうえ、流出する雨水量が多く、低地部の浸水が発生しやすいという地形的特性があります。

河川の状況

平成29年4月1日現在

指定区分 管理区分 本数 指定区分の説明
1級 国土交通省 3 国土保全上または国民経済上特に重要な水系で国土交通大臣が指定した河川
11
2級 9 一級河川以外の水系で、都道府県知事が指定した河川
準用河川 28 一・二級河川以外で市町村長が指定した河川
普通河川 82 上記以外の中小河川
  • ※河川本数は、同一河川名であっても管理区分が異なる場合には、それぞれに算入したため、延べ数である。
    普通河川は、主要普通河川のみである。

浸水対策施設

平成29年4月1日現在

施設名 箇所数
( )内は管理者
施設の説明
ひ管 15(国) 大雨により川の水位が高くなったとき、住居側に水が逆流しないようにする施設。
※堤防の中に水路を通しゲートを設置したものを「ひ管」、堤防を分断してゲートを設置し水路でないものを「陸こう」といいます。
陸こう 6(国)
排水機場 2(国)、1(県)、
28(市)
ひ管を閉めたとき、住居側に集まった雨水をポンプで川へ排水する施設。
雨水貯留池 5(市) 大雨が降ったとき、一時的に貯水し時間をかけて、川へ流す施設。

みんなの生命を守る施設なので、ゴミを捨てないようにしましょう!

主な仕事内容

  • 河川施設管理
    河川の氾濫、浸水の防止及び排水対策の万全を期すため排水機場等の適正管理に努めています。
  • 河川及び施設の整備
    水害の軽減、生活環境の向上を図るため河川施設の整備及び浚渫等を行います。
  • 沼川新放水路整備の促進
    県事業により市西北部の治水対策として、大塚地内に沼川新放水路の建設計画が進められており、事業主体の静岡県と地域住民との連絡調整をし、建設の促進を図っています。
  • 雨水貯留池の整備
    下流域での治水安全度の向上を図るための整備を推進しています。
    (平成29年4月1日現在、松沢川・西川・谷戸川・駒瀬川・井出大川に完成)
  • 急傾斜地の安全対策
    地域住民の安全を図るため、年1回県に同行してパトロールを実施しております。また急傾斜地崩壊危険区域の指定箇所については、県事業と合わせ市事業により緑化法枠等の法面防護工事を実施し、土砂災害の予防に努めています。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

建設部河川課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4785
FAX:055-934-6688
E-mail:kasen@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る