ホーム > 市政情報 > 沼津駅周辺総合整備事業 > 新車両基地建設予定地やプラサヴェルデで沼津市総合防災訓練が実施されました

2017年9月14日更新

新車両基地建設予定地やプラサヴェルデで沼津市総合防災訓練が実施されました

 9月3日(日)に大規模地震の発生を想定した防災訓練が市内一斉に行われ、新車両基地建設予定地や総合コンベンション施設「プラサヴェルデ」を会場にした訓練も実施されました。

新車両基地の広い敷地を活用し、 
様々な訓練が実施されました

新車両基地の広い敷地を活用し、
様々な訓練が実施されました

家屋から火災が発生したという想定で 
消火活動が行われました

家屋から火災が発生したという想定で
消火活動が行われました

陸上自衛隊34普通科連隊も訓練に参加

陸上自衛隊34普通科連隊も訓練に参加

緊急輸送物資を積み込む

緊急輸送物資を積み込む

全ての列車が運転停止したという想定で 
駅構内の滞留客の避難誘導をしました

全ての列車が運転停止したという想定で
駅構内の滞留客の避難誘導をしました

滞留客をプラサヴェルデで受け入れ、 
物資提供等の訓練を実施しました

滞留客をプラサヴェルデで受け入れ、
物資提供等の訓練を実施しました

 プラサヴェルデでは、緊急物資輸送訓練を実施したほか、JR沼津駅においては、滞留客避難誘導訓練が行われました。
 沼津駅周辺総合整備事業で整備された総合コンベンション施設「プラサヴェルデ」は、普段、様々なイベントが開催され、にぎわいの拠点になっていますが、災害発生時には、今回の避難訓練のような支援物資の輸送拠点や駅の滞留客などの受け入れ場所としての機能を発揮することになります。

このページに関するお問い合わせ先

沼津駅周辺整備部推進課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4768
FAX:055-934-2310
E-mail:suishin@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る