ホーム > 市政情報 > 行政改革の取り組み

2017年4月1日更新

行政改革の取り組み

 本市では、昭和61年に策定した「沼津市行政改革大綱」やその具体的な取組について平成10年に策定した「沼津市行政改革推進計画」、さらに平成18年に策定した「沼津市行政改革プラン」及び平成23年に策定した「第2次沼津市行政改革プラン」に基づき、これまで行政改革の不断の取り組みを進めてきました。
 しかしながら、本市の財政を取り巻く環境として、生産年齢人口の減少による市税等収入の減収、高齢化の進行に伴う社会保障費の増加、公共施設の更新及び大型建設事業などにより、今後さらに厳しくなることが予想されます。
 このような状況下においても、行政サービスを低下させることなく、様々な行政需要に対応するために、更なる行政改革を進める必要があります。
 このため、本市の現状や課題、これまでの取り組み内容等を踏まえ、平成28年度から平成32年度までの5か年を計画期間とする「第3次沼津市行政改革プラン」を策定しました。
 今後、このプランに掲げた「協働と連携によるまちづくりの推進」「経営資源の確保及び最適活用の推進」「効率的かつ効果的な行政運営の推進」という改革を進める3つ基本理念のもと、それぞれの柱に沿った取り組みの基本方針に基づき、行政改革の更なる推進に取り組んでいきます。

「第2次沼津市行政改革プラン」について

 平成23年3月に策定した「第2次沼津市行政改革プラン」は、平成23年度から平成27年度までの5カ年を計画期間として、「市民と行政の協働の推進」「時代の変化に対応した効率的な行財政運営」及び「市民の視点に立った行政サービスの提供」を基本理念として挙げ、その実現を図るため、それぞれの柱に沿って行政改革を推進しました。

沼津市行政改革推進委員会について

 本市では、社会経済情勢の変化に対応した簡素にして効率的な市政の実現を推進するため、学識経験者や市民等で構成されている沼津市行政改革推進委員会を設置しています。 

その所掌事務は、
(1)行政改革プランの策定に関する事項
(2)行政改革の課題に関する事項
(3)その他行政改革の推進に係る重要事項 

とされており、本委員会では、市長の諮問に応じ、これらの事項について調査審議します。
平成27年度は、「第3次沼津市行政改革プラン」の策定について平成27年4月21日に市長から本委員会から諮問され、平成28年1月20日に本委員会委員長から市長へ答申されました。

これまでの本委員会から市への提言内容

平成26年度分の提言はこちら 平成25年度分の提言はこちら 平成24年度分の提言はこちら

沼津市の広告事業について

本市では、市有資産への民間企業等の広告掲載を通じて、広告媒体としての活用を推進し、広告収入という新たな財源の確保と歳出を削減するために広告事業を行っています。

地方行政サービス改革の取り組み状況等に関する調査結果(総務省)

1 調査の概要
 地方行政サービス改革については、平成27年8月に総務大臣通知「地方行政サービス改革の推進に関する留意事項について」が発出され、地方財政が依然として厳しい状況にある中で、効率的・効果的に行政サービスを提供する観点から、民間委託やクラウド化などの業務改革の推進に努めるよう、各地方公共団体に要請されています。
 この度、平成27年4月1日現在における地方行政サービス改革の取り組み現状について、取り組み状況や今後の対応方針などを「見える化」し、比較的可能な形で取りまとめましたのでお知らせします。

2 調査結果 地方行政サービス改革の取組状況(平成28年4月1日現在)(PDF:366KB)

3 関係リンク 総務省:地方行政サービス改革の取組状況等に関する調査(平成29年3月30日公表) (外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

このページに関するお問い合わせ先

企画部政策企画課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4813
FAX:055-934-5011
E-mail:kikaku@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る