ホーム > 市政情報 > 公共施設の最適化に向けた取組み > 「沼津市の目指すべき将来の公共施設等の姿を語る会」を開催しました

2017年1月18日更新

「沼津市の目指すべき将来の公共施設等の姿を語る会」を開催しました

市民の皆様に、沼津市公共施設マネジメント計画(案)について説明させていただくとともに、沼津市の目指すべき将来の公共施設等の姿について、ご意見をいただく機会として開催しました。

日時
平成29年1月17日(火)18:30〜20:00(18:00開場)
会場
沼津ラクーン 3階(沼津市大手町3‐4‐1)  

内要

資料への質疑・意見

  • 資料中、今後30年で沼津市の人口が約3万4千人減少する推計が示されているが、人口減少によって税収が大幅に減ることで、公共施設等を維持管理することが難しくなるのではないか。
  • 耐震性が低い市民体育館や多くの市民が利用する市民文化センターの改修や建替えは、利用者の安全のためにも早急に進める計画にしてもらいたい。
  • 資料中、人口の見通しでは30年後には生産年齢人口が大幅に減少すると示されているが、財政の見通しでは今後の歳入の見通しはほぼ横ばいとされている。単純に考えれば人口が減れば歳入も減ると思われるため、財源確保に不安がある。
  • 他自治体も使用する焼却炉などについては、更新費や維持管理費などの費用負担について、他自治体との連携を進めてほしい。

その他公共施設等への意見

  • 市民文化センターの使い勝手が悪いのは、駐車場が大きな要因である。新しく整備する香貫駐車場について、市民文化センターへの歩行者動線に屋根をつけるなど、雨の日でも利用しやすいようにしてほしい。

このページに関するお問い合わせ先

財務部資産活用課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4884
FAX:055-931-8892
E-mail:sisankatuyou@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る