ホーム > リノベーションまちづくり > 公共空間の使い方を考えるワークショップ&コンペを開催しました

2017年4月1日更新

沼津市リノベーションまちづくり

公共空間の使い方を考えるワークショップ&コンペを開催しました

クラウドファンディング活用セミナー

 河川・公園・道路などの公共空間は、「市民のためにある空間」です。そんな公共空間を日常的に活かす使い方を改めてみんなで考え、実践を目指すための1日のワークショップ&コンペを開催しました。
 今回のプログラムでは、参加者をいくつかのグループに分け、全国の公共空間の活用事例のレクチャーを受けた後、グループごとに提案をまとめ、参加者と会場全員で実現したい1案を選ぶコンペを行いました。
 最優秀に選ばれた提案は、参加者の皆さんの手で実現できるよう、市もサポートを行っていきます。

タイトル
1DAY RePUBLIC アイディアコンペ@沼津
と き
12月17日(土)、10時〜17時
ところ
沼津市上土町3(旧瀬尾記念病院)
講 師
馬場 正尊 氏(公共R不動産、OpenA)
雑誌『A』の編集長を経て2003年OpenAを設立。
建築設計、都市計画、執筆などを行う。同時期に「東京R不動産」を始める。
2008年より東北芸術工科大学准教授、2016年より同大学教授。
建築の近作として「観月橋団地(2012)、「道頓堀角座」(2013)、
「佐賀県柳町歴史地区再生」(2015)など。
近著は『PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた』(学芸出版,2015)、
『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』(学芸出版,2016)
当日概要
1 Day RePUBLIC アイディアコンペ@沼津を開催しました(PDF:471KB)
主 催
沼津市
企画・運営
公共R不動産(株式会社オープン・エー)

このページに関するお問い合わせ先

都市計画部まちづくり政策課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4886
FAX:055-933-1412
E-mail:ppp@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る