ホーム > リノベーションまちづくり > デザインを主眼に入れた地域の見どころや人材を発掘するワークショップを開催しました

2017年3月15日更新

沼津市リノベーションまちづくり

デザインを主眼に入れた地域の見どころや人材を発掘するワークショップを開催しました

デザイントラベル冊子「d design travel」の編集長であるナガオカケンメイ氏を講師に、これまでの取材を通して、地域をまわりながら感じたこと等、その地域「らしさ」とは何かについて考える講演や観光、レストラン、ショップ、カフェ、宿泊施設、人の6つの分野に分かれ、参加者が自由な雰囲気の中で地域の文化や魅力について議論し、デザインを主眼に入れた地域の見どころを提案するワークショップを開催しました。

タイトル
d design travel WORKSHOP SHIZUOKA
講師
ナガオカケンメイ 氏
d design travel編集長、デザイン活動家、京都造形芸術大学教授、武蔵野美術大学客員教授
日時
平成29年3月12日(日) 14:00〜16:30(受付13:30)
参加費
無料
定員
60名(定員になり次第締め切りとさせていただきます)
会場
沼津ラクーン3F「ぬまづのたかラボ」(沼津市大手町3-4-1)
詳細や申込み方法
d design travel WORKSHOP SHIZUOKA(外部リンク)
当日の概要
デザインを主眼に入れた地域の見どころや人材を発掘するワークショップを開催しました(PDF:441KB)

このページに関するお問い合わせ先

企画部ぬまづの宝推進課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4886
FAX:055-931-7863
E-mail:takara@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る