ホーム > 市民のみなさんへ > 後期高齢者医療制度 > 医療の負担割合について

2016年4月1日更新

医療の負担割合について

お医者さんにかかるとき

お医者さんにかかるときには、保険証を忘れずに窓口に提示してください。自己負担割合は、かかった医療費の1割、現役並み所得者は3割です。

保険証に自己負担割合が明記されていますので、ご確認ください(保険証には「一部負担金の割合」という欄に記載されています)。

所得区分

現役並み所得者 住民税(市県民税)の基準課税所得が145万円以上ある人や、その被保険者と同じ世帯にいる被保険者。
ただし、被保険者の収入合計額が2人以上で520万円未満、1人で383万円未満の人は、市の担当窓口に申請することにより「一般」の区分になります。
  • ※基準課税所得145万円以上、かつ、収入額383万円以上の被保険者(世帯に他の被保険者がいない限る)であって、世帯内の70歳以上75歳未満の人も含めた収入合計額が520万円未満の人は、申請により「一般」の区分が適用されます。
一般 現役並み所得者、低所得者U、低所得者T以外の人。
低所得者U 世帯の全員が住民税非課税の人(低所得者T以外の人)。
低所得者T 世帯の全員が住民税非課税で、世帯全員の所得が必要経費・控除(年金の所得だけの人は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人。

低所得者U・Tの人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、市の窓口に交付申請をしてください。

入院したときの食事代

入院したときの食事代は、下記の表の標準負担額を自己負担します。低所得者U・Tの人は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、市の担当窓口に交付申請をしてください。

入院時食事代の標準負担額(1食あたり)

所得の区分 1食あたりの食費
現役並み所得者・一般 360円
低所得者U 90日以内の入院(過去12か月間で、認定証の交付を受けている期間の入院日数) 210円
90日を超える入院(過去12か月間で、認定証の交付を受けている期間の入院日数) 160円
低所得者T 100円
  • 低所得者T、低所得者Uに該当しない指定難病患者 260円/食
  • 平成28年4月1日において、既に1年を超えて精神病床に入院している患者が退院するまで(平成28年4月1日以後、合併症等により同日内に他病院へ転院・他病床への移動含む) 260円/食

療養病床に入院する場合

食費・居住費の標準負担額

所得の区分 1食当たりの食費 1日当たりの居住費
B・C以外の者 B(※2) C(※3) B・C以外の者 B(※2) C(※3)
現役並み所得者・一般 460円(※1) 360円 260円 320円 0円
低所得者U 210円 210円 320円
160円(入院日数が
90日超の場合)(※4)
低所得者T 130円 100円 320円
老齢福祉年金受給者 100円 0円
  • ※1 保健医療機関の施設基準等により、420円の場合もあります。
  • ※2 指定難病患者以外の厚生労働大臣が定める者が該当します。
  • ※3 指定難病患者が該当します。
  • ※4 過去12か月間で、認定証の交付を受けている期間の入院日数が対象です。

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部国民健康保険課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4728
E-mail:kokuho@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る