ホーム > 市民のみなさんへ > 沼津市教育委員会 > 言語教育による表現力・読解力育成事業

2014年4月1日更新

言語教育による表現力・読解力育成事業

 平成18年3月に沼津市は「言語教育特区」に認定され、同年4月から沼津市内の全小中学校において、「読解の時間」と「英語の時間」からなる「言語科」を実施しています。

 「言葉を用いて積極的に人と関わっていこうとする態度の育成」
 これが、「言語科」が目標としていることです。子どもたちが、人の話をしっかり聞いたり、書かれていることをじっくり考えながら読んだり、自分の考えをはっきり述べたり書いたりできるようになること。また、目的や必要に応じて自分に必要な情報を選択することができるようになること。そして、グローバル化する社会の中で、外国人と接するときも、物怖じせずしっかり向き合おうとする気持ちを育てること。子どもたちにこんな力がつくことを目指して、言語教育に取り組んでいます。

小中学校では「言語科」を実施していますが、コミュニケーションの場は学校だけではありません。「言語科」で学んだ内容を確かな力にするため、ご家庭や地域のみなさんにも積極的に関わっていただいて、豊かな言葉あふれるまちをつくっていきましょう。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局学校教育課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4809
FAX:055-931-8977
E-mail:gaku-kyouiku@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る