ここから本文です。

児童手当

2018年5月22日更新

児童手当とは

父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下に、児童を養育している人に児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とするものです。

請求者(受給者)について

  • 沼津市に住民登録がある人で、中学校修了前(15歳到達後、最初の年度末まで)の国内に居住している児童(留学の場合を除く)を養育している人
    • ※父母ともに児童を養育している場合は主に所得の多い人が請求者となります。
    • ※単身赴任により児童と別居している場合は、児童の生計を主に支える人の住所地で手続きしてください。
    • ※請求者となる人が公務員の場合は、勤務先で手続きをしてください。
  • 離婚協議中により夫婦別居中の場合は、児童と同居している人(事実を証明する書類が必要となります)
  • 施設等に入所している児童については、施設の所在地の市町村から施設の設置者等に支給します。
  • 里親に委託されている児童については、里親となる人の住所地で手続きをし、里親に支給します。
  • 対象児童に係る未成年後見人がある場合は、未成年後見人に父母と同じ条件で支給します。
  • 父母が海外に居住する児童についての手当は、父母が指定した人(父母指定者)に父母と同じ条件で支給します。

所得制限について

出生・転入等により、児童手当の新規認定請求手続きをするとき、及び、毎年6月の現況届(更新手続き)の提出時に所得審査を行います。1月分~5月分の手当については前々年分の所得、6月分~12月分の手当については前年分の所得が所得制限限度額以上かどうかにより手当月額が異なります。

扶養の人数 所得制限限度額 給与収入額(目安)
0人 622万円 833.3万円
1人 660万円 875.6万円
2人 698万円 917.8万円
3人 736万円 960.0万円
4人 774万円 1002.1万円

以下、扶養の人数が1人増えるごとに、所得制限限度額に38万円を加算します。
社会保険料控除等相当額として所得制限限度額に一律8万円を加算します。

支給金額(月額)

所得制限限度額未満の場合

0歳~3歳未満(一律)
15,000円
3歳~小学校修了前まで
(第1子、第2子)
10,000円
3歳~小学校修了前まで
(第3子以降)
15,000円
中学生(一律)
10,000円

※第1子、第2子、第3子とは、受給者(請求者)が養育している18歳到達後の最初の年度末までの間にある児童の中で、生まれの早い児童から順に数えたものです。

所得制限限度額以上である場合(特例給付)

対象児童一人につき一律5,000円
※児童の数や出生順位は関係ありません

児童手当の認定請求手続きについて

児童が出生した場合や、受給者が沼津市に転入した場合、或いはそれまで児童手当を受給していなかった人が新たに児童手当を受給しようとする場合は、認定請求手続きが必要です。
出生届や転入届を提出しただけでは、児童手当を受給することができませんので、ご注意ください。夜間受付に出生届を提出した場合や、里帰り出産等で沼津市以外の市町村に出生届を提出した場合でも、請求者となる人の住所地で児童手当の手続きを忘れずに行ってください。

出生または前市区町村の転出予定日の翌日から15日以内に手続きをお願いします。
申請が遅れると、受給できない月が発生する場合があります。

認定請求手続きの窓口

  • 受付場所
    沼津市役所1階こども家庭課 各市民窓口事務所、郵送または電子申請(詳細は後述)
    ※請求者が公務員の場合は、勤務先の官公庁の担当窓口
  • 受付時間
    8時30分~17時15分(土・日・祝日、年末年始を除く)

必要書類等

  • 印鑑
  • 請求者名義の預金通帳等の写し
    (金融機関名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義が分かる部分の写し)
    • ※ゆうちょ銀行の場合は、通帳の銀行使用欄「この口座を他金融機関からの振込の受取口座として利用される際は次の内容をご指定ください」と記載されているページの写しが必要となりますのでご注意ください。
    • ※口座種別は普通のみの取り扱いです。貯蓄及び当座の口座は指定できません。
  • 請求者の健康保険証の写し(国民年金加入者、年金未加入者は不要)
  • マイナンバーによる他の市区町村との情報連携は、平成29年11月13日より本格運用が開始されたため、課税証明書の提出は省略可能となりました。
    詳細については、以下をご覧ください。
    マイナンバー制度による情報連携について(外部リンク:内閣府ページ)

請求者が児童と別居して監護する場合

  • 別居監護申立書(PDF:58KB)
    記入例を参考にしてください。(PDF:116KB)
  • 児童の住民票の写しで、世帯主との続柄が記載されたもの
    ※児童が沼津市内にいる場合は不要
  • 監護している児童全員分の個人番号の分かるもの
    (個人番号カード・通知カード・個人番号の記載された住民票など)

平成28年1月から、児童手当・特例給付の認定請求の際に個人番号(マイナンバー)および本人確認書類が必要になりました

  • 請求者(児童手当受給資格者)および配偶者の個人番号の分かるもの(個人番号カード・通知カード・個人番号の記載された住民票など)
  • 申請に来庁する方の身元確認書類(運転免許証・旅券・在留カードなどの顔写真つきのもの)
  • 児童手当・特例給付における個人情報の確認に係る同意書(PDF:57KB)
    • ※請求者・配偶者の欄は必ず自署してください。
    • ※自署できない場合は、本人からの委任状で署名することができます。
  • 委任状(PDF:45KB)
    ※請求者以外の方(請求者の配偶者も含みます)が申請に来庁する場合は、委任状の提出が必要です。様式は下記にあります。なお、委任状の提出が困難な場合は、請求者の健康保険証の写しでも結構です。

※その他必要に応じて書類を提出していただく場合があります。

手当の開始月について

児童手当は、原則として認定請求手続きをした翌月分から支給されます。ただし、月末に出生または転入した場合は、特例により出生または前市区町村の転出予定日の翌日から15日以内に手続きをすれば、出生または転出予定日の翌月分から支給されます。

申請が遅れると、遅れた月分の児童手当は受給することができません。認定請求手続きの際に必要なものをお手元に揃えるまでに時間を要する場合は、後日提出で差し支えありませんので、まずは上記の期限内に児童手当担当の窓口にて、認定請求書を記入し、提出してください。

手当の支払方法・時期について

  • 認定請求手続きの時に指定された口座へ振り込みます。
  • 通常は各支払期月(6月・10月・2月)の13日が支払日となりますが、当日が土、日、祝日の場合は、直前の金融機関営業日となります。
  • 振込口座を解約する場合や、変更したい場合は手続きが必要となりますのでお早めにご連絡ください。なお、支払日の前々月の末日までに口座変更の届出がない場合は、支払日に振り込みできない場合があります。
  • 支払日
    ◆平成30年 6月13日(2・3・4・5)月分
    ◆平成30年10月12日(6・7・8・9)月分
    ◆平成31年 2月13日(10・11・12・1)月分
    ◆平成31年 6月13日(2・3・4・5)月分

現況届について

毎年6月に児童手当の受給資格の有無を確認するために行う更新手続きです。対象となる受給者の人には、6月中旬ごろ書類を送付しますので、受付期間内に手続きをしてください。
審査の結果、受給資格が消滅する場合や、手当月額に変更がある場合は通知します。

その他の届出

次の場合は、必ず届け出てください。届出が遅れると、手当が支給されない月が発生する場合や、支給した手当を返納していただく場合があります。

  • 児童の数が増加・減少した場合
  • 市外または国外に転出する場合
    沼津市からの児童手当の支給は、転出予定日の属する月分までで終了となり、未払分がある場合は、従前指定されていた口座に振り込みます。
    沼津市から他市区町村に転出する場合は、転出先で新たに児童手当の認定請求手続きをしてください。
    受給者のみ出国し、児童が日本に残る場合は、新たな受給者が児童手当の認定請求を行う必要があります。
  • 市内転居に伴い電話番号が変更となる場合
  • 受給者と児童が同居しなくなった場合
  • 児童手当の振込口座を解約または変更する場合(氏変更のみの場合を含む)
  • 受給者が変更になる場合(結婚・離婚等)
  • 公務員になった場合

電子申請による手続き

児童手当・特例給付に関する手続きの一部が、電子申請で行うことができるようになりました。

電子申請ができる手続き(児童手当)

  • 児童手当等の受給資格及び児童手当の額についての認定請求
  • 児童手当等の額の改定の請求及び届出
  • 児童手当等に係る寄附の申出
  • 児童手当等に係る寄附の変更等の申出
  • 氏名変更/住所変更等の届出
  • 児童手当等の現況届(※平成30年6月1日から開始)

申請方法

「ぴったりサービス」(外部リンク:内閣府ページ)にて、沼津市のサービス検索を行い、画面説明に従い、該当手続きを申請します。
※電子申請の手続きをするためには、以下の準備が必要となります。

申請時の注意

ご家庭の事情により、必要書類が異なりますので、「ぴったりサービス」にて、ご確認ください。
電子申請とは別に、窓口まで必要書類を提出していただく場合があります。
マイナンバーの発行は、申請から交付まで1か月ほどかかります。

寄附制度について

手当の支払いを受ける前に、手当の全額または一部を沼津市の子育て支援のために寄附する旨を申し出ることができます。詳しくはこども家庭課までお問い合わせください。

児童手当・特例給付 受給証明書の発行について

児童手当・特例給付の受給証明書が必要な場合は、こども家庭課窓口にて発行することができます。また、郵送での申請も可能です。(受給者が公務員の場合は、勤務先で申請をしてください。)
※証明が必要な年度等については、あらかじめ提出先にご確認下さい。

必要書類等

窓口で申請する場合

  • 印鑑
  • 受給者の身元確認書類の写し(運転免許証・旅券・在留カードなどの官公庁が発行している顔写真付きのもの。顔写真付きのものがない場合は、健康保険証・年金手帳・銀行等の預金通帳などの内2種類)

※受給者以外の方が申請する場合は、上記の2点と代理人の身元確認書類の写し・委任状が必要です。

郵送で申請する場合

  • 「児童手当・特例給付の支給状況について(照会)」(申請書)
  • 受給者の身元確認書類の写し(運転免許証・旅券・在留カードなどの官公庁が発行している顔写真付きのもの。顔写真付きのものがない場合は、健康保険証・年金手帳・銀行等の預金通帳などの内2種類)
  • 返信用封筒(宛名に受給者の住所、氏名を記入し、82円切手を貼付願います。なお、送付先は住民登録地で、宛名は受給者名であるものに限られます。)

※受給者以外の方が申請する場合は、上記の3点と代理人の身元確認書類の写し・委任状が必要です。

なお、郵送請求による受給証明書発行は、申請受付日から1~2週間程度かかりますので、余裕をもって申請してください。

お問い合わせ

沼津市役所 こども家庭課 こども手当係
〒410-8601 沼津市御幸町16番1号
電話:055-934-4827
ファクス:055-934-0345
メールアドレス:kodomokatei@city.numazu.lg.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Acrobat Reader

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部こども家庭課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4827
ファクス:055-934-0345
メールアドレス:kodomokatei@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る