ホーム > 市民のみなさんへ > 沼津市 健康・保健 > 熱中症にご注意ください

2017年5月11日更新

熱中症にご注意ください

熱中症とは

 私たちの体は、暑くなると汗をかくことで体温を正常に保つ働きが備わっています。ところが、大量の発汗などで体内の水分・塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かなくなることで、熱が体にこもってしまいます。このような状態から引き起こされる症状を総称して「熱中症」といいます。
熱中症は屋外だけではなく室内でも発症し、重篤な場合は命にかかわることもありますので、注意が必要です。

発症しやすい時期

例年梅雨入り前の5月頃から発生し、7月下旬から8月上旬にかけて多くなります。

熱中症の症状

めまい・立ちくらみ・手足のしびれ・頭痛・吐き気・こむら返り(足がつるなど)・意識の消失 等

こんな日は特に注意

  • 気温が高い、湿度が高い、風が弱い日
  • 日差しが強い、照り返しが強い日
  • 急に暑くなった日
  • 暑い夜、熱帯夜の翌日

こんな人は特に注意

  • 高齢者(汗をかいたり暑さを感じる体温調節機能が低下するため)
  • 乳幼児(体温調節機能が未熟なため)
  • 肥満の人(脂肪が熱の拡散を妨げ、体温を閉じ込めてしまうため)
  • 体調不良の人(発熱や下痢による体調不良は、体内の水分が失われやすくリスクが高くなるため)
  • 二日酔いや寝不足の人(脳や体の疲れがとれず、体温調節機能が低下するため)

 ※車内に小さな子どもだけ置いて離れることは、絶対にやめましょう 。

予防のポイント

暑さを避ける

  • 涼しい服装をこころがける(黒色系の衣服は避け、吸水性や通気性に優れた素材をえらびましょう)
  • 外出時は日傘の使用や帽子をかぶる
  • 扇風機やエアコンを使う(目安は室温28℃、湿度70%未満です)
  • すだれやカーテンを利用する

こまめに水分を補給する

  • 汗をかいた時だけではなく、のどが渇いていなくても意識して水分をとる
    ※アルコールは尿量を増やし体内の水分を排泄してしまうため、水分補給には適しません。

暑さに負けない体をつくる

  • 食事をしっかりとる(食欲がない時は牛乳・プリン・果物・ゼリー等、食べやすいものを口にする)
  • 生活リズムを整え、睡眠を十分にとる

熱中症の応急処置

  • 涼しい場所へ移動する
  • 衣服をゆるめ、体を冷やして体温を下げる
  • 水分・塩分を補給する
    ※自力で水が飲めない・意識がない場合は、ただちに救急車を呼びましょう。

環境省 熱中症予防サイトを活用しましょう

 暑さ指数の実況や予測値が掲載されています。

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部健康づくり課

〒410-0881 静岡県沼津市八幡町97
TEL:055-951-3480
FAX:055-951-5444
E-mail:kenkou@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る