ホーム > 市民のみなさんへ > 消費生活センター > ご注意ください!強引な訪問販売が急増しています!

2016年1月7日更新

ご注意ください!強引な訪問販売が急増しています!

 みかんやりんごなど、果物の訪問販売によるトラブルが毎年市内で発生しています。試食品だけがおいしい、購入したものは傷んでいた、値段がはっきりわからないうちに買うことになった、高額、といった特徴があります。
 1kgだけ買うと言ったのに無理やり1箱買わされたり、試食したのに買わないのかと脅されるようなケースもあるようです。
 家の中に入れたり、試食したりすると断りにくくなってしまいます。知らない人が訪ねてきた場合は、ドアを開けずにドアフォンを利用したりドア越しに要件を確認することが未然防止につながります。
 現金3千円以上のものを訪問販売で購入した場合は、原則としてクーリング・オフすることができます。しかし、こういった業者は何も書面を残していかないことも多く、連絡先がわからなければクーリング・オフを行使することもできません。
 また、最近、果物産地では収穫直前のリンゴやイチゴが大量に盗まれる事件が発生しています。このような販売方法の場合、正規のルートで仕入れた物かどうかも分かりません。
 ご注意と呼びかけ、見守りをよろしくお願い致します。同様の事例がありましたら、センターまで情報提供をお願いします。

関連リンク

 このような相談の事例が掲載されています

このページに関するお問い合わせ先

企画部広報広聴課消費生活センター

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4841
FAX:055-934-2593
E-mail:soudan@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る