ホーム > 市民のみなさんへ > 消費生活センター > 沼津市内で警察官等を騙る不審な電話が多発!ご注意ください!(H25.2.7情報)

2013年2月7日更新

沼津市内で警察官等を騙る不審な電話が多発!ご注意ください!(H25.2.7情報)

沼津市内で警察官や銀行協会を騙る、不審な電話がかかってきたとの情報が数多く警察署に寄せられています。
充分注意し、電話がかかってきたら沼津警察署までご連絡ください。

具体的な内容

  • 警察官を名乗り、「捜査資料にあなたの情報があった」「あなたの口座を凍結するので、お金が引き出せなくなる前に別の口座に移してください」「また銀行協会から電話があるので聞いてください」などの内容の電話がかかってきます。
  • 銀行協会を名乗り「危険なので、お金を預かります」などと言い、現金や通帳、キャッシュカードなどを預かろうとします。 そして連絡が取れなくなります。

注意!

警察官や銀行協会が家に訪ねて行き、お金やキャッシュカード、通帳を預かることはありません。

また、一般個人の口座を凍結することは通常ありません。このような電話がかかってきた場合は、すぐに沼津警察署に相談して下さい。また、市役所を名乗り、ひとり暮らしか確認する電話があったとの情報も消費生活センターに寄せられています。

このような電話がかかってくる時は、個人情報が何かのリストに載っている可能性があるので、普段から電話や郵便物等に充分注意してください。

不審情報は、
沼津市消費生活センター(電話:055-934-4841)
沼津警察署生活安全課 (電話:055-952-0110)
 へご連絡ください。

このページに関するお問い合わせ先

企画部広報広聴課消費生活センター

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4841
FAX:055-934-2593
E-mail:soudan@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る