ホーム > 市民のみなさんへ > 消費生活センター > 振り込め詐欺の手口あれこれ

2011年4月22日更新

振り込め詐欺の手口あれこれ

一口に「振り込め詐欺」といっても、実際には様々な手口があります。ここでは、代表的なものを紹介しますので、あらかじめ手口を知っておき、被害にあわないようにご注意下さい。

オレオレ詐欺

孫や子どもなどになりすまし、電話で家族をだまして金銭を支払わせる手口

事例

息子から「携帯電話の番号を変えた」と久しぶりに連絡があった。数日後、「株で損をして会社のお金を使い込んでしまったが、監査があるので助けてほしい」と電話で泣きつかれ、慌てて振り込みに行った。
その後、息子の自宅に確認の電話をしたところ、詐欺が判明した。

ここに注意!

  • 教えられた電話番号ではなく、以前から控えてあった番号にかけてみて、詐欺だと発覚することが多い。
  • お金が必要な理由は、借金の返済、事件(他人にケガをさせた、高価な物を壊した)や交通事故の示談金、弁済費など様々。
  • 事前に身内を名乗り「携帯電話の番号が変わったから控えておいて」等と連絡しておき、電話番号を控えさせ、後日騙しの電話をするときの警戒感を払拭させる。
  • あらかじめ、「風邪をひいて声が変だと思うけど・・。」と言っておき、相手に疑問を抱かせない。
  • 警察官、弁護士、会社の上司、貸金業者など複数の人が登場する劇場型で、もっともらしく話を展開する。

下記から振り込め詐欺の実際の様子を聞くことができます。

振込みを急がせる電話には気をつけて!

融資保証金詐欺

実際には融資しないにも関わらず「即日融資」「低い利率で融資します」といううたい文句で勧誘し、融資の申込者から保証金や保険料等の名目でお金を騙し取る手口

事例

自宅のポストに「低利で融資します」というダイレクトメールが入っていた。申し込みの電話をかけたところ、「融資するために保証金2万円が必要です。これは後で戻ります」と言われたので、指定口座に振り込んだが、その後業者と連絡が取れなくなった。

ここに注意!

無担保、低金利を装った広告、表現をしています。 信用度を増すために、「知事認可(第○○)」などと虚偽の記載があります。
大手消費者金融やクレジットカード会社と似かよった名前を付け、いかにも大手グループ会社であるかのようになりすました会社名を使っているケースがあります。

「うまい話」には要注意!

還付金詐欺

税務署や市役所等を名乗り「税金や医療費等の還付がある」等とATMに行かせ、還付手続きを指示するふりをし、実は犯人の口座にお金を振り込む手続きをさせる手口

事例

税務署の職員を装って「税金を還付します」「年金の未払い分を還付します」などと、電話があった。「ATMコーナーで今すぐ手続をしないと無効になります」と言われ、携帯電話とキャッシュカードを持って、急いでATMコーナーへ行った。
ATMについたら電話するように言われたので、指示どおり連絡をすると、「今から私の指示通り操作してください」と電話でATMの操作を指示し、還付金を「受け取る」手続と誤解させて「振り込み」をさせた。

ここに注意!

  • 機械操作に不慣れな高齢者が狙われる傾向にあります。
  • 公的機関の職員が、ATMの操作をさせることはありません。
  • 「携帯電話を持ってATMへ」は詐欺のキーワード
  • 相手の言った連絡先を鵜呑みにせず、自分で調べた連絡先に電話をして確認をしましょう。

ちょっと待って!その操作は大丈夫?

このページに関するお問い合わせ先

企画部広報広聴課消費生活センター

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4841
FAX:055-934-2593
E-mail:soudan@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る