ホーム > 市民のみなさんへ > 消費生活センター > クーリング・オフについて

2011年4月22日更新

クーリング・オフについて

原則として、消費者と事業者が行った契約のうち、訪問販売などの特定の取引について、一定期間は消費者が契約を解除できる制度です。しかし、買った商品は何か、どのような販売方法で購入したか、金額はいくらかなど、契約の内容によってクーリング・オフできない場合もあります。

クーリング・オフの期間

取引内容 適用対象 期間
訪問販売 営業所以外での契約。キャッチセールス・SF商法・デート商法も含まれる可能性あり。 8日間
電話勧誘販売 業者からの電話で勧誘を受けた契約 8日間
連鎖販売取引 不動産売買以外の商品または役務のマルチ契約 20日間
特定継続的役務提供取引 一定額以上のエステ・外国語会話教室・学習塾・家庭教師・パソコン教室・結婚相手紹介サービスの継続的契約。店舗契約を含む。 8日間
業務提供誘引販売取引 不動産売買以外の内職・モニター商法の契約。契約場所や方法は問わない。 20日間

クーリング・オフの記載例

契約解除通知書 記載例

注意事項

  • クーリング・オフできる期間内に、書面を出しましょう。
  • 証拠としてあて先面、文面のコピーを手元に残して下さい。
  • 郵便局の窓口で「簡易書留」で出して下さい。
  • クレジット契約をしている場合は、クレジット会社と販売会社へ同時に通知します。

このページに関するお問い合わせ先

企画部広報広聴課消費生活センター

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4841
FAX:055-934-2593
E-mail:soudan@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る