ホーム > 危機管理情報 > 弾道ミサイル落下時の行動について

2017年5月29日更新

弾道ミサイル落下時の行動について

 内閣官房より弾道ミサイル落下時の行動等に関して発表がありました。
 北朝鮮の弾道ミサイルについては、全国瞬時警報システム(通称:Jアラート)及び緊急情報ネットワークシステム(通称:エムネット)によって内閣府及び消防庁から緊急情報を受けることとなっており、ミサイルが日本に落下する可能性がある場合、同報無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

 この場合の行動について記載していますので、以下の国民保護ポータルサイトをご覧ください。

 弾道ミサイル情報等の国民保護情報については、現在、Jアラートを通じて沼津市の同報無線や緊急速報メールにより、市民のみなさんに伝達されるほか、消防庁から携帯大手事業者(株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンク株式会社)を経由するエリアメール・緊急速報メールにより携帯電話・スマートフォンに配信されています。携帯電話・スマートフォンのほとんどが受信できますが、一部には受信できないものがあります。消防庁では、お持ちの携帯電話・スマートフォンが受信できるかどうかの確認手順と受信できない(又は受信できるかわからない)場合の対策を以下のPDFファイルにより、まとめてありますのでご覧下さい。

このページに関するお問い合わせ先

危機管理課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4803
FAX:055-934-0027
E-mail:kikikanri@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る