音声で読み上げる

文字の大きさ

  • 小
  • 標準
  • 大

色合い

  • 標準
  • 青背景に黄色
  • 黄色背景に黒
  • 黒背景に黄色

2017年4月1日更新

「バイシクルピット」マーク策定に係るデザインコンペティションの結果について

 サイクリストの休憩場所であるバイシクルピットに掲げるマークについて公募によりコンペティションを行い、策定が完了しました。 全国から88件の応募をいただき、ありがとうございました。バイシクルピット事業の取り組みを知っていただくきっかけにもなったと考えています。

コンペティション概要

主催:狩野川周辺サイクル事業推進協議会(事務局:沼津市政策企画課)
共催:静岡県東部地域スポーツ産業振興協議会(E-Spo)
応募資格:プロ・アマ問わない
応募期間:平成28年12月1日~平成29年1月16日
応募総数:88件

コンペティション選定委員会

委員長 浅井由剛氏(沼津市出身・県立沼津東高等学校卒業。デザイン事務所代表。グッドデザイン賞受賞歴あり)
委員 中島丈博氏(サイクルスポーツ.jp編集長)
委員 仲原隆俊氏(一般財団法人日本サイクルスポーツセンター常務理事)
委員 小野剣人氏(沼津サイクリストフレンドリーエリア創造プロジェクトアドバイザー、チェレステカフェオーナー)
委員 光林 治(狩野川周辺サイクル事業推進協議会会長)

コンペティション結果

 選定委員会において、コンセプト、地域性、視認性、汎用性、ユニークさ、独自性・新規性の五つの観点から全作品を評価したところ、神奈川県相模原市在住の方の作品が最高得点となり特賞として選定した。

特賞1作品・入賞5作品のデザイン、獲得点数及び講評

バイシクルピット事業の概要

 狩野川周辺サイクル事業推進協議会(事務局:沼津市企画部政策企画課)では、自転車を快適に使える環境整備やまちづくり、自転車利用者の誘客による地域振興・観光振興を目的に、自転車利用者に自転車修理工具等の貸出や休憩場所の提供等のサービスを提供する「バイシクルピット」を構成市町域内に複数設置する予定です。
 バイシクルピットとは、事業者等が、自らの店舗等のスペースを用いて自転車利用者に自転車修理工具や空気入れの貸出や休憩場所の提供等のサービスを提供するものであり、本協議会からバイシクルピットとして登録を受けた施設をいいます。本協議会では構成市町域内で今後150箇所の登録・設置を目指しています。
 バイシクルピットは、本協議会構成市町(沼津市、伊豆市、伊豆の国市、函南町)の域内において、今後数年で150か所の認定を目標としており、将来的には伊豆地域を含む静岡県東部地域に広めていく構想です。バイシクルピットは、商店、カフェ、飲食店、ガソリンスタンド、公共的施設の他、個人宅まで幅広く想定しており、今回策定するマークは、これらバイシクルピットの目立つ場所に掲げられるものです。

 今回のコンペティションにて特賞に選定された作品をもとに、マークを策定しました。

お問い合わせ

企画部政策企画課
〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4798
FAX:055-934-5011
E-mail:kikaku@city.numazu.lg.jp

  • イベントカレンダー
  • フォト&ムービー
  • パンフレットダウンロード
  • NUMAZU Free Wi-Fi 沼津市公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)
  • メルぬま!沼津市メールマガジン
  • 観光Q&A
  • ライブカメラ
  • リンク
  • facebook沼津市公式